2Dachsies! BLOG

twdachsies.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2007年 11月 29日

Disk Union - 査定結果

あまり期待しないようにしておこうと自戒しておいて良かった。。。(^ ^;
まぁでも、買取価格は。。。こんなものか。CD売却は今回が初めてのようなものであったのだが(10年以上前に若干枚を売却した事はある)、おおよそのマーケット感というのがこれで掴むことができたかな。最低値は10円、と(笑)。
「値が付かない」と返却されてしまったアルバムもあったのだが、そうした買取不可作品だけではなく、査定された値付けをみると、そのミュージシャンやアルバムの歴史的な価値や中古市場における流動性が色々と分かって面白い(勿論、現物の盤質・コンディションに拠るA~Cのランク分けによる値差もあるのだが)。

先ず第一印象。「Zep強し!」
買取カウンターで店員に訊いてしまったよ。再結成でまた人気が盛り上がって来ているの?って。でも、答えは別に今に限った事ではなくレッド・ツェッペリンの人気は底堅く推移してきているとの話。
意外だったのはレニー・クラビッツとジャミロクワイ。別に一発屋だった訳ではないし、また演っている音楽も一本筋が通っていたし、時代が変わろうともそれなりに評価はされるのではないかと思っていたのが、どちらも買取拒否であった。
しかしビョークは(安いが)買取りされた。ということはビョークの方が普遍性が高いと中古市場では評価されているということなのであろうか。。。

またジャズの場合、比較的自由に使える手金をより多く持っている大人(社会人)が主たる購買者層であるからだと想像するのだが、恐らく中古市場での流動性が高いのであろう。どれもまあまあの査定額であった。(しかしポップすぎるということであろうか。デビット・サンボーンは買取こそしてもらえたが、値付は散々な水準であった)。

買取査定リストを見て総じて言えることは、やはり歴史の波に洗われながらもマスターピースとして聴き継がれているようなアルバムが、あたりまえではあるが、やはり強い。
面白いのは、例えば同じポリスで盤質が同じ評価でも「Synchronicity」は結構良い値がつくが、「Ghost In The Machine」は捨値同然。ソウル・R&B系でも、ロバータ・フラックはOKだが、シャーデーはNOとか、買取可否の閾値がなんとなく分かるような気もする。あと、スライ&ファミリーストーンとジェームズ・ブラウンは予想外に良い値が付いたのだが、これはクラブのDJとかに持てはやされているのからなのだろうか。

ということで、今日はまた久々にZepの1stを聴いている。洋楽を聴き始めて、最初に俺のアイドルになったのがZepであり、今に至っても大好きなバンドだ。これだけ沢山何度も聴き続けてきても1stの一曲目の出だしのインパクトは全く色褪せない。('68年のあの頃に、このサウンドを創りだしていたということが信じられないくらいに凄いと思う。同年リリースされた、ジミー・ペイジと同じくヤードバーズ出身のジェフ・ベックのアルバム「Truth」と聴き較べてみると面白い。Zepの1stでも演じられている「You Shock Me」という曲がこちらにも収録されている。Truthも大変良いアルバムで俺はこれも大好きなのだが、音創り、アレンジのクオリティが同時代作品だとは思えない程に違いがある。)

c0141133_19472091.jpg

[PR]

by 2dachsies | 2007-11-29 19:47
2007年 11月 28日

Disk Union

以前より溜め込んだCDのうち、聴く優先順位の低いものを売却処分しようと思っていたのだが、有給休暇を取得した今日、漸く決行することができた。処分してしまおうと考えていた候補の一部のみではあったのだが、とにかく出張用のキャリーケースに詰め込めるだけ詰め、新宿のディスクユニオンに行く。枚数が多いので直ぐには査定ができないとの事で、今日は預け置きだけで実際の買い取りは明日となる。いくらくらいになるのだろうか。しかし下手に金額を予想すると実際の査定額が予想より低いとがっかりなので、敢えて考えないようにしている(臆病者 > 俺)。
(ちなみに、知らないで行ったのだが今は査定額20%アップキャンペーン中だとの事で、予想しないようにと思いながらも期待はどうしても膨らんできてしまう。。。)

ところでCD売却に行ったディスクユニオンであるが、ここで直ぐには帰ることができないのがまた俺の悪いところ(^ ^;
いくばくかはカネが入るという事で気が大きくなり。。。また新たにCDを4枚も買ってしまった。それでも少しは頭を使い(?)、2,000円以上で200円のディスカウントというクーポン2枚を用い、結果として4枚を4,000円以下で購入。一枚あたり1,000円以下であれば、結構リーズナブルではなかろうか。iTunes Storeよりも安いくらいだし、iTunes Storeの曲と違い再び売却処分することだって可能だ。

それにしても、我が事ながら選ぶアルバムの種類が節操無いというか、傍からこのチョイスだけみると、いったい俺がどのようなジャズが好きなのか、ワカランだろうなぁ(笑)。

c0141133_22183035.jpg

[PR]

by 2dachsies | 2007-11-28 22:18
2007年 11月 27日

Beyond the Lotus Field

日曜日に撮った写真。
不忍池では大量の蓮が繁茂している。これが立ち枯れになって池の一面を覆い尽くしシュールな景観となっている。
記憶では、数年前までこれほどまでには蓮は池を占領していなかったのだが。。。
この蓮から食用となる蓮根は取れないものだろうか(不忍池蓮根と銘打ち、名物として売り出したりして。収穫期になると桶船に乗ったオバチャンが不忍池で蓮根採り。観光名物にもなると思うのだが)。

正面のタワーマンションのちょっと左に、少し前までノコギリ状のとても変な形で有名だった「ソフィテル東京」が建っていたが、この夏に解体された。1994年竣工というからたったの13年。凄く勿体ない事しているねぇ。。。奇抜過ぎて景観にそぐわないとあまり評判が良くなかったらしいのだが、すっかり見慣れていただけに(数年前までは我が家のベランダからも望めた)無くなってしまうと、やはりちょっと物足りない気もする。

(EOS-5D + Y/C S-Planer T* 60mm F2.8

c0141133_123882.jpg

[PR]

by 2dachsies | 2007-11-27 23:00 | S-Planar 60mm F2.8
2007年 11月 26日

Three for All

フィル・ウッズ(as)といゃー、一番に上げるべきアルバムは本来「Alive and Well In Paris」なのであろうが、今日はこれ「Three for All」。
いやもぅ名人芸だねぇ。トミー・フラナガンのパラランっという心を安らかにするタッチのピアノも良いしレッド・ミッチェルのベースもカッチョいい。ドラムレスのトリオ編成ってのがまた渋い!フィル・ウッズとして紹介したが、そもそもがこのアルバム、三名の共同名義でもあるので、当然三人のソロ演奏のバランスも良い。全員大人なんだなぁ。お互いに引き立て合っている。若くて血気盛んだと「オレがオレが」になってしまいがちなんだろうけれどね。個人的に「癒し」という言葉はあまり好きでは無いのだが、今日ふとこのアルバムをかけてみて、なんだかとても癒されてしまった俺。。。


c0141133_2349044.jpg

[PR]

by 2dachsies | 2007-11-26 23:49
2007年 11月 25日

根津のたいやき

元駐日大使のモンデール氏もわざわざ買いに立ち寄ったという。久々に訪れてみたが、以前よりも人が集まるようになっているようで恒常的に行列が出来ている。味はやはり美味しいのだが、接客態度が以前よりもちょっとダメになっているような気がしないでも無い。人気に胡座をかいてはいけないと思う。少なくとも俺はちょっとヤな気分を味わった。。。(念のために繰り返すがたいやき自体は大変旨い。それだけに余計に惜しい。)

(EOS-5D + Y/C S-Planar T* 60mm F2.8

c0141133_2157525.jpg

[PR]

by 2dachsies | 2007-11-25 21:58 | S-Planar 60mm F2.8
2007年 11月 24日

秋の空

木の幹が上方から生えているが、これは天地を逆にした絵ではなくあくまでこの方向で撮った写真なのだ。広角の28mmレンズを手に、木を背にしレンズを上に向けてゆき、一番収まりのよいと感じられるところでパチリとした。

撮影しているときには実は気が付かなかったのだが。。。う〜ん。惜しいなぁ。電線が写り込んでいる(^ ^;

(EOS-5D + Y/C Distagon T* 28mm F2 / F8)


c0141133_17205573.jpg

[PR]

by 2dachsies | 2007-11-24 17:21 | Distagon 28mm F2
2007年 11月 23日

八柱にて

漸く墓参りに行くことが出来た。この秋は彼岸のタイミングでお墓参りに行けなかったのだ。出発前の朝には厳寒を覚悟し、線香をあげ終わり次第とんぼ返りするつもりであったが、意外と穏やかな天気となりゆっくりとする事ができた。
普段は家の周りの下町の街区でばかり遊んでいるため、子供達にとってはハイキングのようなイベントになっていたのかもしれない。道端に積もった枯葉の山とか、広い芝生とか、あちらこちらを駆け回り楽しそうだ。

(EOS-5D + Y/C Planer T* 85mm F1.4

c0141133_9365321.jpg

[PR]

by 2dachsies | 2007-11-23 20:29 | Planar 85mm F1.4
2007年 11月 21日

人生には三つの坂がある

今日発売の週刊文春誌上で、恒例の「文春版2007流行語大賞」をやっていた。すっかり忘れていたが、そのなかで採り上げられていたのがタイトルの言葉。造語名人の小泉元首相がどこかの後援会か何かパーティでの一言で、前首相の安部の退陣をうけ「上り坂、下り坂、そしてまサカの坂」と発言し、これが「(安部退陣についての)小泉語録」としてマスコミで一斉に報じられたもの。
しかし小泉って、やはりふてぶてしいというか、人を踏み台にして平然としていられるような太いタマなんだなぁ、とつくづく感じさせられる。
と言うのも、ここに紹介する鈴木宗男と佐藤優との共著である「反省 私たちはなぜ失敗したのか? 」(アスコムなる会社が出版)。この本の後書きで、鈴木宗男が語っている言葉がまさにこの「三つの坂」の話だったからだ。
時系列的に「反省〜」は、安部退陣前に出版されているので、小泉がこの本を後書きまで読んで自分も使ったというのは間違い無い。
なおこの本自体については、刑事被告人の二人がこの本で語っている内容が、本当なのかどうか「天のみぞ知る」なのであるが、さもありなんという感じ。あまりの外務官僚の酷さに情けなくなってくる。共感するか、嘘だと思うのか、人それぞれだと思うが、一読してみる価値は十分にあると思う。
c0141133_1221641.jpg

[PR]

by 2dachsies | 2007-11-21 23:51
2007年 11月 20日

夜明け

最近は起きる時間帯の空が美しい色合いを見せてくれることが多く、すぐにカメラのレンズを向けてしまうのだが、同じような写真ばかりがたまってしまう。。。今日は思い切って広角(といっても35mm)を使ってみた。正面上方に明けの明星が輝いているのだけど、さすがにこの画像サイズだと判別しづらい(でも確かに光っている)。
12月1日からの新しい会社は、定時開始時刻が今までより早い上に、通勤も今までより倍近くかかってしまう(というか、今までが近すぎたのだが。。。)。これからますます日の出が遅くなる上、朝の犬散歩をするためには、起床は完全に漆黒の未明となりそうだ。そうなるとこれから当面、もうこういう絵は撮れなくなる。
いやまてよ。散歩している間に明るくなりそうなので、また久々に散歩時にカメラを携帯するようにしてみようかな。面白い光線の場面に出くわすかも知れない。。。

(EOS-5D + Summicron-R 35mm F2 / F5.6)


c0141133_6394547.jpg

[PR]

by 2dachsies | 2007-11-20 06:44 | Summicron-R 35mm F2
2007年 11月 18日

重窒素の行方

このブログを始めてからまだそういえば本について書いていなかったことに気が付いた。ここ最近、実はあまり本らしい本を読んでいなかったので、先ずは数ヶ月前に読んだ本の紹介から。「生物と無生物のあいだ」(福岡伸一 著/講談社現代新書)。
数年前、同著者の「もう牛を食べても安心か」(文春新書)を読み非常に知的興奮を覚えることが出来たことに期待しての購入。この「生物と〜」は結構売れ行きが良いようで、今でもまだ多くの書店で平積みになっている場合が多い。
本書でも章を割いて解説あるのだが、いったい俺が何に知的興奮を覚えたのかというと、生物の体を構成するタンパク質や脂肪その他全てが、分子レベルで数ヶ月以内に全て置き換えられているという事実を知ることができたからだ。要は、一年前の俺も今日の俺も、俺は俺なのだが、しかし分子レベルで考えると、一年前の俺を構成していた分子は、今の俺の体のなかには一つも残っていないという事。何だか凄くないか?しかもこうした話は、実はこの著者の本で始めて知ることができたのだが、この事は1930年代の後半に既にショーンハイマーという科学者が窒素の同位体元素である重窒素を用い検証確認していたということにもまた驚かされる。
この本には他にもDNA発見のドラマや、生物というシステムの複雑さとそれを実現する実は非常にシンプルな仕掛け、等々についてのエピソードが語られとても楽しく読むことができた。
しかし、日本では伝記に取り上げられ偉人扱いをされている(上野に銅像も建っている)野口英世が、NYのロックフェラー大学で行った梅毒、ポリオ、狂犬病、黄熱病等についての研究成果が、発表当時は確かに賞賛されたものの、その後その殆どが正しく無いとして否定されたため、当のロックフェラー大学のなかでも(一度は顕彰したりした経緯もあるため)暗黒史的扱いされている(つまり偉人でも何でもない)という事は全く知らなかった。。。ちょっと悲しいね。


c0141133_209218.jpg

[PR]

by 2dachsies | 2007-11-18 20:10