2012年 03月 06日

Ellora : Cave #32

第二日目、エローラの石窟群を訪問する。アジャンタの場合は全て仏教石窟であったが、エローラについては、仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教の三つの石窟寺院が併存している。最初に向かったのは少しだけ離れた場所に彫られているジャイナ教の第32石窟。
c0141133_274548.jpg
(by EF14mm)

c0141133_2192534.jpg


c0141133_284997.jpg


c0141133_2111937.jpg
自由に触れてしまうのがある意味凄いなあと思う。来訪者の多くがタッチしてゆくためか、バスト部分が擦れて黒くテカテカになっている、、、

c0141133_275877.jpg


c0141133_212491.jpg
(by EF14mm)

c0141133_2115254.jpg


c0141133_2123036.jpg


c0141133_2121296.jpg
(by EF14mm)

c0141133_2123714.jpg
(by EF14mm)

(by EOS 5D & EF24-105mm F4L IS USM : カッコ by EF14mm表記の写真を除く)


[PR]

# by 2dachsies | 2012-03-06 02:26 | EF24-105mm F4L IS
2012年 03月 04日

Ajanta Canyon

ジョン・スミスがアジャンタ石窟群を発見したという高台の展望台に登る(by 24-105mm)
c0141133_4441472.jpg


まずは14mmの超広角で一望してみる
c0141133_4442631.jpg


下を覗くとこんな感じ。ムカシは高いところ全く平気であったが、いいかげんいい歳になったのと、守るものが多くなったせいか、結構恐く感じてしまう、、、
c0141133_4452316.jpg


ここから70-200mmにレンズを付け換え
c0141133_4451252.jpg


断崖に生える木に咲く可憐な花
c0141133_4452915.jpg


乾期の為に渓谷を流れている筈の川は、一部池状に残っているのみ。川が流れている時期にはここが滝になっているのだろう
c0141133_4454024.jpg


っと、ググってみたらYouTubeの映像を見っけた。





[PR]

# by 2dachsies | 2012-03-04 05:00 | EF70-200 F2.8L IS II
2012年 03月 04日

Ajanta : Cave #26

アジャンタの石窟群のなかで最後まで彫られ続けていたという石窟。未完成のままだという。しかし石窟内にはびっしりと石像が彫り込まれている。
c0141133_4355792.jpg

c0141133_43655.jpg

c0141133_4361354.jpg


最後の石窟に横たわる涅槃像。。。
c0141133_4361938.jpg


(by EOS 5D & EF24-105mm F4L IS USM)


[PR]

# by 2dachsies | 2012-03-04 04:39 | EF24-105mm F4L IS
2012年 03月 04日

Ajanta : Cave #16 / 17 / 19

第16窟まえのエレファント・ゲート
c0141133_4281731.jpg


メモ取っていないので自信は無いが、これは多分第17窟の本尊
c0141133_4282295.jpg


第19窟の入口辺りの装飾
c0141133_4283163.jpg


ストゥーパと仏像が一体化している本尊
c0141133_4283567.jpg


石窟内には細かい仏像が沢山刻まれている
c0141133_4284118.jpg

c0141133_4284713.jpg


(by EOS 5D & EF24-105mm F4L IS USM)


[PR]

# by 2dachsies | 2012-03-04 04:34 | EF24-105mm F4L IS
2012年 03月 04日

Ajanta : Cave #10

第十窟。確か一番古いとかガイドが言っていた。広さも一番かな。
c0141133_424657.jpg


修学旅行か遠足的なインドの子供達の一団。超々広角レンズ(14mm)なので、端の子の顔がちょっとコワイことになっている
c0141133_425446.jpg


写真を撮ってーーー
c0141133_423870.jpg


はいよ
c0141133_43092.jpg


アジャンタの石窟群は、ハイデラバードの藩王(マハラジャ)に虎狩りに誘われていたマドラス駐在の第28騎兵隊のジョン・スミスが、(逆に?)虎に追いかけられこの渓谷にやって来たところ、高台から発見したもの(それまでの長い年月の間、すっかり打ち捨てられジャングルに覆われ忘れ去られていたらしい)。この柱に発見日(28th April 1819)と共にジョン・スミスの名前が彫り込まれている。
c0141133_43717.jpg


(by EOS 5D & EF14mm F2.8L II USM)


[PR]

# by 2dachsies | 2012-03-04 04:15 | EF14mm F2.8L II