2Dachsies! BLOG

twdachsies.exblog.jp
ブログトップ

タグ:Museum ( 15 ) タグの人気記事


2012年 08月 21日

VERMEER@上野

プライベートの用事もあったので今日は休みを取る。ついでに、上野に行きフェルメールを観てきた(東京都美術館の「マウリッツハイス美術館展」と国立西洋美術館の「ベルリン国立美術館展」をハシゴ)。「ディアナとニンフたち」と「真珠の首飾りの女」は既観だが、一番有名?な「真珠の耳飾りの少女」は初見。これでフェルメール観た25作品目となる。

備忘録として今までの鑑賞経緯を下記にメモ:

THE METOROPOLITAN MUSEUM OF ART, New York
"Young Woman with Water Pitcher(水差しを持つ女)"
"Study of a Young Woman(少女)"
"Allegory of Faith(信仰の寓意)"
"A Maid Asleep(眠る女)"
"Woman with a Lute(リュートを弾く女)"

FRICK COLLECTION,New York
"Girl Interrupted at Her Music(中断されたレッスン)"
"Officer and Laughing Girl(兵士と笑う娘)"
"Mistress and Maid(婦人と召使い)"

= VERMEER AND THE DELFT SCHOOL (Exibition) =
(March 8, 2001–May 27, 2001 @ Metropolitan Museum)
"Diana and Her Companions(ディアナとニンフたち)" - Mauritshuis, The Hague
"Christ in the House of Mary and Martha(マリアとマルタの家のキリスト)" - The National Gallery of Scotland, Edinburgh
"The Procuress(取り持ち女)" - Staatliche Kunstsammlungen, Dresden Gemäldegalerie Alte Meister
"The Little Street (Het Straatje)(小路)" - Rijksmuseum, Amsterdam
"The Glass of Wine(紳士とワインを飲む女)" - Gemäldegalerie, Staatliche Museen zu Berlin
"Woman with a Balance(天秤を持つ女)" - National Gallery of Art, Washington, D.C.
"Girl with a Red Hat(赤い帽子の女)" - National Gallery of Art, Washington, D.C.
"The Art of Painting(絵画芸術)" - Kunsthistorisches Museum, Vienna
"Young Woman Standing at a Virginal(ヴァージナルの前に立つ女)" - The National Gallery, London
"Young Woman Seated at a Virginal(ヴァージナルの前に座る女)" - The National Gallery, London

GEMÄLDEGALERIE STAATLICHE MUSEEN Museen, Berlin
"The Wine Glass, A Lady Drinking and a Gentleman(紳士とワインを飲む女)" ー 既観
"Woman with a Pearl Necklace(真珠の首飾りの女)"

「フェルメール展」- 2008年12月14日@東京都美術館
"The Girl with the Wineglass(ワイングラスを持つ娘)" - Herzog Anton Ulrich-Museum, Braunschweig
"A Young Woman Seated at the Virginals(ヴァージナルの前に座る若い女)" - 個人蔵(上記、METで観たロンドンのNational Gallery蔵のものとは別作品)
"Woman writing a Letter with her Maid(手紙を書く婦人と召使い)" - National Gallery of Ireland, Dublin

「ルーブル美術館展」- 2009年4月7日@国立西洋美術館
"The Lacemaker(レースを編む女)" - Louvre, Paris

NATIONAL GALLERY OF ART, Washington D.C.
(2009年7月11日)
"A Lady Writing a Letter(手紙を書く女)"
"Woman with a Balance(天秤を持つ女)" - 既観
"Girl with a Red Hat(赤い帽子の女)" - 既観
"Girl with a Flute(フルートを持つ女)" (Vermeer作か未確定)

「マウリッツハイス美術館展」- 2012年8月21日@東京都美術館
"Girl with a Pearl Earring(真珠の耳飾りの少女)" - Mauritshuis, The Hague
"Diana and Her Companions(ディアナとニンフたち)" - Mauritshuis, The Hague(既観)

「ベルリン国立美術館展」- 2012年8月21日@国立西洋美術館
"Woman with a Pearl Necklace(真珠の首飾りの女)" - Gemäldegalerie, Berlin(既観)
[PR]

by 2dachsies | 2012-08-21 21:12
2012年 02月 14日

Crafts Museum (New Delhi)

約一ヶ月前の写真になるが、ニューデリーにあるクラフト・ミュージアムに家族で行って来た時の写真。久〜びさにDP1を持ち出して撮ってみた。
c0141133_313282.jpg


館内(屋内)は撮禁だそうで、撮ったのは一枚だけ、、、(撮禁と注意を受ける前に撮った写真)
c0141133_3141440.jpg


c0141133_3133621.jpg

c0141133_3142172.jpg

c0141133_3134319.jpg

c0141133_3142611.jpg


(by SIGMA DP1)
[PR]

by 2dachsies | 2012-02-14 03:20 | DP1
2010年 02月 14日

上野動物園・博物館

3人兄弟で、年齢が比較的近くて、そこそこ自我が強くなってくる?と、喧嘩ばかりしたり意見が合わなくて面倒なことが多い...本日も上野・公園口にて「博物館」vs「動物園」で意見が分かれ、結局妻は兄弟二人を連れ博物館へ、俺は娘を連れ動物園に行く。
c0141133_084183.jpg




動物園写真その他 >>
[PR]

by 2dachsies | 2010-02-14 23:04 | S-Planar 60mm F2.8
2009年 07月 11日

National Air and Space Museum

憧れのスミソニアン国立航空宇宙博物館に行ってきた。
c0141133_1452879.jpg
「憧れであった」が正しいのかもしれない。歳をとってこうした世界に対し知的興奮ができなくなってきているのか、はたまたかつては世の中が盲目的に信じていた科学技術の発展が、決して万能では無いことを今や思い知らされてしまっているからなのか。。。

WWIIにおける各国の代表的戦闘機が一つの部屋に集められている。ガイドブックの説明によると、どれも燃料を入れたら飛行できるコンディションにおかれているとか。。。
c0141133_1456790.jpg
三菱A6M5「零式艦上戦闘機52型」



戦闘機、その他 More >>
[PR]

by 2dachsies | 2009-07-11 23:42 | N95(Nokia)
2009年 07月 10日

National Gallery of Art

仕事を終え、午後に少し時間が空いたので急ぎ国立絵画館に出向く。平日の閉館直前、館自体が巨大だということもあってか、人の数が少なく感じる。
c0141133_9343086.jpg
ゴッホ自画像(まだ耳が健在の頃)。


c0141133_9354251.jpg
これはいぃ絵だねぇ。写真では前から見たことあったが、実物は実に良い!この絵一枚で、モネのことが好きになってしまった(今までは特に好きな画家という位置づけではなかった)。この構図・光加減、そしてモデルの雰囲気。こんな写真が撮れたらなぁ、と思う。ちなみにモネ本人の奥さんと息子らしい。


c0141133_9374532.jpg
レンブラントといえば、この絵が直ぐに連想されるくらい有名な?自画像。閉館間際、ギャラリーに人影はまばらとなる。レンブラントだけでも、この他にも有名な作品が何点も掲げられている。それをほとんど独り占め状態で贅沢に鑑賞できてしまう。いぃねぇぇ。(仮に日本で公開したりすると、休日平日の変わり無く連日人だかりになること間違い無いだろうと思うと、とても得をした気分になる)

これらの他にも美術の教科書に必ず掲載されるような名作が揃いぶみ。持っていったDP1には収めたが、例えばヨーロッパ以外では唯一のレオナルド・ダビンチ作品もあったりする(顔を寄せて舐められるくらい近づいて鑑賞可- ただしダビンチの絵だけはガラス板がはめられていた)。そうそう、入ってみてびっくりしたのが、入館料が「タダ」なのだ!なんとお得なのかっ!!出張サマサマである。嬉しい限り(さすがにインドと違うなぁ。。。)。しかし時間が全然足りないため、今回は特定の特に好きな画家・絵画のみを集中的に鑑賞した。

c0141133_9454228.jpg
フェルメールの「手紙を書く女性(A Lady Writing)」。これで、24作品目(過去の鑑賞記録はこれこれ)。ちなみにほぼフェルメール作品と考えられている(attribute to Vermeer)、「フルートを持つ少女(Girl with a Flute)」も拝観。以上の他に、既見の「天秤を持つ女(Woman with a Balance)」「赤い帽子の女(Girl with a Red Hat)」とも再会。(当館によるフェルメールの解説はこちら

(by NOKIA N95 with Carl Zeiss Optics Tessar 5.6mm F2.8)


[PR]

by 2dachsies | 2009-07-10 18:28 | N95(Nokia)
2009年 06月 29日

曲湾鏡

c0141133_23271859.jpg
昨日の写真より。毎度毎度の科博にて。どうしてこう、女の子は、教えている訳でもないのに自然と、女の子らしい仕草をするようになってゆくのか、不思議でならない。。。
ちなみに髪の毛が赤茶っぽいが、地毛である。
(by EOS5D & Flektogon 35mm F2.4)


[PR]

by 2dachsies | 2009-06-29 23:32 | Flektogon 35mm F2.4
2009年 06月 09日

Indian Museum KOLKATA

前後してしまっているが、先々週迄行っていたインド出張で、コルカタにて週末を過ごした際Indian Museum KOLKATAを見学してきた。この時の写真を、久〜々にメインサイトのギャラリーにUPした。

UPしたギャラリーよりの抜粋一枚。
c0141133_2351183.jpg
哺乳類室にて。霊長類の骨格標本に見入る人類(インド人)。しかし、インド人は男同士の仲が良い。手を握りあったり肩を抱き合ったりよくしている。(by SIGMA DP1)

で、この上の写真を見て、かつて(昨年末)撮った科博でのこの写真を思い出した。
c0141133_2356022.jpg
(by EOS5D + Planar 85mm F1.4

オマケの一枚。綺麗だったので。
c0141133_01233.jpg
帰国の途上。インドからの戻りは夜行便なのだが、殆ど寝ることができず、しかし結果としてこのような美しい夜明けを眺めることができた。(by SIGMA DP1)


[PR]

by 2dachsies | 2009-06-09 23:59 | DP1
2009年 05月 23日

Indian Museum

コルカタでのオフ、今日は博物館に行ってみた。建物はコロニアル?風。
c0141133_23342163.jpg


アショカ王の柱。インドの国家公務員の名刺にはこれが小さく描かれている。
c0141133_23172094.jpg
(但し、これはおそらくレプリカ。階段の踊り場に無造作に置いてあり、何の解説も付されていない。。。)


10B.C.頃の仏陀像。水のみ場傍に置かれているため、水を飲みにくる人たちがしょっちゅう寄りかかっている(苦笑)。
c0141133_23194720.jpg


大学かどこかの資料室みたいに、ずらーっと並んでいる。ryutaさんあたり、興味あるのかなぁこういうの。
c0141133_23211992.jpg


南国らしく大きな雲がムクムクと出てきた。
c0141133_23141159.jpg
送ってくれたドライバー(会社の)はもう帰してしまっていたので、雨に降られまいとこの後、急ぎ足で帰った(結局降らなかったが)。ホテルまで多分4~5kmくらい。チェックしてみると今日は最高気温が37度超(最低でも27度超)。デリーの方が暑い(連日40度超えだった)。それに今日は湿度があまり高くなかったので、37度でも東京の夏より楽かも?(でもここは雨季の湿度がすさまじいんだろうなぁ。気温は今ほど高くなくなるらしいのだが)。

(by NOKIA N95 with Carl Zeiss Optics Tessar 5.6mm F2.8)

PS: DP1で屋内の仏像他、何枚も撮影したが、RAWで撮ったので出張先では現像できない。帰国後に本サイトのギャラリーでアップしよう(する意欲が残っていたら。。。)。


[PR]

by 2dachsies | 2009-05-23 23:42 | N95(Nokia)
2009年 05月 06日

雨の科博

このGW期間中に期限が来たので、今日またリピーターズ・パスを購入。たったの千円。しっかりカウントした訳では無いが、二、三週に一回以上は通っていると思うので、元を取っているどころではない。とてもリーズナブルだ。動物園の年間パスポートも期限が来ているので、次回買わないと、だな。

c0141133_23302787.jpg
日本館の階段踊り場にあるステンドグラス。日本館は結構味わいのある建物だ。

More
[PR]

by 2dachsies | 2009-05-06 23:39
2009年 04月 29日

上野 / 魚眼

c0141133_0212815.jpg
科博で開催されている「大恐竜展」の目玉"マブサウルス"。ここに来るまで装着していた90mmではとても撮し込めないデカいサイズであったのだ。。。やむを得ず魚眼に換装したのだが、予想以上に迫力ある絵になってくれた。


上野の魚眼写真その他 >>
[PR]

by 2dachsies | 2009-04-29 23:50 | F-Distagon 16mm F2.8